インターネットを安い料金で契約する方法!お得な回線選びのコツ!

 

インターネット回線にはいろいろな業者がありますが、何を優先して選択するかは人それぞれです。多少料金が高くても回線速度や安定性を優先するという場合もありますし、逆に安いということを優先する場合もあるでしょう。インターネットをどのくらいの頻度で利用するかということや、仕事で利用しているかどうかということが判断基準になります。現状の回線の安定状態はフレッツ光がトップでしょう。しかし、フレッツ光は高いので、それに比較すると他の光コラボレーション業者の方が安いです。

 

最近はやりの光コラボ

pikaragazou

光コラボレーションというのはもともとはインターネット回線業者ではない携帯電話の業者などがフレッツ光の回線を利用することでインターネット契約を行うという業者です。格安SIM業者というのは大手キャリアの回線を借りていますが、それのインターネット回線バージョンのようなものです。厳密には多少は異なるのですが、イメージとしては近いものがあります。なので回線自体は大元のフレッツ光が優先になります。

 

なので、どうしても回線が不安定になるリスクを避けたいという人の場合は料金が高くてもフレッツ光が良いですし、逆に安いのであれば回線が多少不安定なリスクがあっても良いという場合は光コラボレーションが良いでしょう。

 

携帯キャリアの人気インターネット

ソフトバンクやドコモやauがやっているのですが、数年前にできたばかりのサービスです。開始当初は回線がパンクするというトラブルが相次ぎました。なぜかというと、回線の規模以上に顧客獲得のための営業に力を入れ過ぎたためです。インターネット契約数が伸びれば当然回線が混雑するので、一人一人が使える回線の量が減るということになります。携帯の大手キャリアはかなり利益を追求するスタイルを取っており、携帯電話の速度制限がその証拠でしょう。格安SIM業者に回線を売ったり、新規の顧客獲得に力を入れているのに、既存の顧客の回線を制限しているという状態です。

 

もちろん既存の顧客にいくら回線を割いたところで直接的な収益にはなりません。口コミが良くなるということはあるでしょうが、それはあくまでも間接的な影響で、さらに多くの消費者は案外サービスの内容を理解していなくて関心もさほどないということがあるので、よくわかっていない消費者のためにコストを割くということは大手携帯キャリアはやりたくないと考えています。携帯サービスのオプションにしても、わかっていなさそうな消費者に対しては利益のために不要なオプションでもどんどんつけさせるということを行っているので、回線の制限くらいは当然行うということでしょう。

 

オプションに気を付けよう

ユーザーを満足させるというのもあくまで収益のための手段なので、費用対効果が悪い部分にはコストを割かないということです。逆に言えば、口コミがどのくらい悪くなって、結果的にどのくらいの収益になるのかという発想もします。要するにいらないオプションに大量に加入させるようなことをすれば評判は多少下がるのですが、それ以上に儲かるからやるということです。既存の顧客に回線を割いて儲かるのであれば割くけれども、たいして儲からないなら割かないということです。なので消費者にできることというのはなるべくサービスに詳しくなって適正に判断するということでしょう。

 

契約時の注意

昔は店舗や営業に来た人と直接的に契約するという場合は多かったでしょう。しかし現代ではインターネットもwifiも携帯電話もインターネット上でサイトや口コミを見て比較検討し、最終的な契約もインターネット上で行うという方が時間効率も良く、適正な判断ができます。店舗にいる店員や営業の人の話というのは当然偏っています。消費者の知識を底上げすることが目的ではなく、あくまでも商品を販売するということが目的なので、自社にとってメリットのある情報ばかりを提供するということになります。知っていても不利なことは言わないですし、そもそも知らないという可能性もあります。マニュアル通りに話している場合がほとんどなので、詳細や他社のサービスを聞いてもわからないという可能性は高いでしょう。本来は他社のサービスも知らなければ適正な判断はできるわけがないのですが、店員や営業の人は自分が売り込むことしか考えていない場合もあるので、そこまで頭が回っていないということも多いでしょう。

 

なので、消費者はその点について考えた方が良いです。店員の話だけで判断はしづらいという発想が正解でしょう。一方的にサービスの話だけされてもそれが良いものかどうかの判断がつくはずがありません。もちろんもともと業界全体のことを把握していればわかるかもしれませんが、そういう人はわざわざ現代は店舗にも行かないですし、営業の人と契約を結ぶということもないでしょう。インターネットを活用すれば自力で判断して完結するので、その方が圧倒的に便利です。店舗に行く時間に調べれば良いですし、店員と話す時間に契約を進めれば、同じ時間でもネットを活用すれば知識量も実際に便利なサービスを入手するということも可能になります。

 

大手携帯キャリアのサービスは顧客獲得に焦っているということはあるのですが、しかしそれでも最近は回線が安定してきています。今も顧客獲得に力を入れているので、今後回線が不安定になる可能性もなくはないのですが、現状としては安定しているということです。

 

エリアごとのおすすめ回線

地域の回線を使うというのも良くて、関東の場合はNURO光が世界最速でさらに安いという回線になります。しかし、地域限定の回線を使う場合にはその地域に長く住むということが前提になります。

 

全国展開している回線であれば、引っ越しても引き継ぐということが可能なのですが、地域限定の回線の場合は当然他の地域に引っ越せば回線が使えなくなります。最近はどの業者も数年間の契約を行う必要があり、その期間内に解約すると違約金が発生します。なので、地域限定の回線を使うのであれば、違約金が発生しないようにする必要があるということになります。月額が安くても違約金が掛かると意味がないでしょう。

 

四国の場合はピカラ光がおすすめです。他の地域にはなじみのない名前ですが、四国ではまず知らない人はいないだろうという回線です。料金もフレッツ光よりも1,000円以上は安いので、四国に長く住む人であればおすすめということになります。回線も安定していますし、ローカル回線ならではのメリットというのもあります。ユーザー数が急激に変動しないということがメリットで、逆に急激に変動してしまうと回線がパンクするというリスクが高まります。

 

特に全国展開しているインターネット回線業者というのは利益を追求するということを重視しているので、回線がパンクするリスクがあっても顧客獲得を積極的に行います。実際にパンクしているという事実もあります。大手携帯キャリアは特に利益追求に特化しているので、既存の顧客の利便性が多少落ちても利益を追求します。その証拠に携帯電話も速度制限を導入したのに新規顧客の獲得や、回線を他の業者に売るということを行っています。

 

これは既存の顧客にとっては良いものでもないのですが、企業は利益優先というのは普通のことなので仕方がないでしょう。
自分のスマホやガラケーなどの状況に合わせて、業者を選択するということになります。これはインターネットで検索して自分に合ったものを選びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です