嵐と大野君が大好きな50歳です

嵐は全員好きです。メンバー同士の仲の良さがテレビを見ている私にまで伝わってきて嵐が出ているテレビ見ては癒されています。
その中でも一番好きなのが大野君。彼の不器用さが大好きです。本当は絵も上手いし、ダンスも上手いし、歌も上手い。
全然不器用ではないし、むしろ器用な人なのかもしれません。でもバラエティで見る大野君はどこか抜けてて可愛いし、メンバーにいじられる大野君が可愛すぎて
いつもテレビを見ながらニヤニヤしてしまいます。
良くリーダーらしくないリーダーだと言われますが、決して引っ張っていくタイプのリーダーではないけれど皆に信頼されてるリーダーなんだろうなと思います。
一番嵐の事が大好きなのも大野君のような気がします。
それがメンバーにも伝わっているのかもしれません。
以前テレビで放送されたハワイでのコンサートで大泣きする大野君。私ももらい泣きしました。
その裏側を紹介するテレビでメンバーで語り合うシーンがあり、何年か前にグループの方向性を変えようと言う話が出た時に大野君が珍しくNOと自分の意見を言った
と言う話題で、その言葉が今でも二ノ宮君の仕事に対する気持ちの基礎になってるみたいな話が出ていて、さすが大野君。と感心するとともに
嵐って本当に仲良くて信頼しあってるんだなあともっと嵐が好きになりました。
で、今恋愛物のドラマをやってる大野君。
可愛過ぎでしょ!毎回胸キュンしながら見ています。一つ一つの仕草や言葉に毎回やられています。
もう相手役の波留さんもだけど、いつも近くにいる小池栄子さんが羨ましくてたまりません。
これはあくまでもドラマなので胸キュンしながら見れますが、実際大野君が結婚したらどうなるのだろう?と心配になります。
大野君も30過ぎてるからいつ結婚してもおかしくない年齢ですが、想像しただけで死にそうな私。
以前フライデーされた時、ショックすぎて仕事が手につかない状態でした。
彼女の一人や二人いても全然不思議じゃないのに・・・
でもいつまでも大野君には私達ファンの大野君でいて欲しいと願ってしまいます。
ごめんね。大野君。

顔も体も演技もいい本格派俳優

私が西島秀俊を好きになったきっかけは「ストロベリーナイト」です。。
ヒロインの部下として働き、何気なくサポートしたり、でも自分の好意は悟られないようにする感じですが、ヒロインがトラウマを思い出したりして怯えているとそっと抱きしめたり、もうキュンキュンの連続です。
ストロベリーナイトそうですが、全体的に刑事役が多い気がします。「MOZU」でも「ダブルフェイス」でも刑事役でした。
奥さんを亡くした過去がある刑事や、麻薬組織にスパイとして潜入する捜査官の役だったりと、ただの事件解決するだけのものよりくせのある役を多く演じている印象です。

その一方で、テレビCMにもひっぱりだこです。
ドラマや映画ではシリアスな役が多いですが、車や柔軟剤のCMではさわやかさも出せるのです。
車のCMでは、「可愛いですね」っていうんです。もちろん車に向かってですが。
でもあのCMで「西島さんに可愛いって言われた!」とキュンと来た女性は多いはずです。
柔軟剤のCMでは、「こんな旦那さん(お父さん)だったらなあ」とみなさん思っていたはずです。

そしてあの引き締まった体です。178センチとそれなりに身長もあるのでアクションシーンをやらせても迫力があります。
スーツを着ている役が多いのであまり目立ちませんが、脱ぐと本当にすごいです。きれいな細マッチョです。40代とは思えない美しさです。
あの体型を維持するのに、ものすごい努力をしているようですが、役で必要があれば太り、そのあと1か月で10キロ以上も締めたりもするようで役者魂を感じます。
細マッチョで渋い役が多いですが、笑うと可愛い感じでそこのギャップにもやられます。笑顔が可愛いところでCMにも採用されるんでしょうね。

バラエティでもたまに見かけますが、役のイメージとは違って少し天然っぽい感じです。
役者さんだから自分の世界を持っているのだと思いますが、結構笑い上戸な印象でした。

見た目、役への誠実さ、笑顔の可愛さ、もう西島秀俊に夢中です。

ブラックマヨネーズの愛し方

昔からラジオを聴いています。
その中で見える2人の仲の良さ、フリートークのスキルがずば抜けて好きです。
以前ラジオで話していたのを聴いたのですが、
ボケの吉田さんのおばあちゃんが亡くなった際、
ツッコミの小杉さんがお葬式に行ったエピソードがありました。
吉田さんはおばあちゃんっ子だったらしいく、それを小杉さんは知っていました。
なので小杉さんはお葬式に行ったそうです。
そこで吉田さんはおばあちゃんの亡骸に小杉さんを紹介したそうです。「おばあちゃん、俺の相方やで」と。
その姿を見た小杉さんは涙を流したそうです。
このエピソードは、今はあまり話されてないのですが実際にラジオでお聞きしたので、真実だと思います。
こういう仲の良さ、お互いがお互いを信頼している様子がうかがえるエピソードでした。
いま、小杉さんは【小杉LIVE】という、イベントを大阪で月に一回開催しています。
いまでは100回を超えた人気イベントになっています。
それを始めた理由がまた感動です

ブラックマヨネーズはネタを吉田さんが考えているらしく、ネタなどを考える時間を作り、また休みを増やすため始めたとお聞きしました。
いまでは100回も続くイベントに成長し、満員御礼です。
私もなんども足を運びましたが、やはり毎回面白いです。
小杉さんの言葉を選ぶセンスに惹かれます。
またそのイベントの100回記念、ノーギャラで相方の吉田さんが漫才をしに来たことがあったのです!
もう感動でした。
2人の息のあった漫才と、溢れる絆が感じられました。

私がブラックマヨネーズを好きな理由はまだあります。
大阪を愛しているところです。
いまやトップスターとなったブラックマヨネーズですが、大阪への感謝を忘れずレギュラー番組等も大阪でしっかりこなしており、いずれは大阪メインで仕事がしたいと2人が声を揃えて話していたのもテレビ見ました。
売れてしまった芸人さんたちは東京へと進出する方が多い中、ブラックマヨネーズは故郷を忘れず、活動を続けるその姿勢が素敵だと感じます。

今は亡き有名俳優の隠された顔

今井雅之さんのお話です。今から14年前、スナックで働いている友人に、人がいないからと無理やりスナックのバイトを頼まれました。
スナックなので、一応カウンター越しの接客ということにはなっていましたが、クラブのようにソファに座っての接客もさせられていました。
そこには、当時No.1の22歳の女の子がいました。帰郷する度にこの女の子に会いに来ていたのが、今は亡き今井雅之さん。地元での交流も熱心にされていましたが、女の子との交流も盛んでした。
20歳くらいの歳の差があったと思うのですが、二人とも真剣な交際ではなかったようで、セックスフレンドという感じでした。その女の子を誘う時は、必ず連れの女の子も同行し、連れの女の子は今井雅之さんの関係者の相手を強要されたようです。私も一度、連れて行かれそうになりましたが、以前連れの女の子が隙を見て裸同然で逃げ出し、スナックの関係者が保護する、といった話も聞いていたので断固断りました。スナックのオーナーとしても、今井雅之さんの来店には良い顔はしませんでしたが、なにせお店で大金を使ってくれていたので、見て見ぬ振りをしていました。
私はしばらくして、水商売は性に合わないので辞めてしまいましたが、その後今井雅之さんと彼女の関係もしばらく続いていたようです。すっかり忘れていた話でしたが、今井さんが亡くなった時に、悪いことは巡りに巡って自分にとって返ってくるのかな、としみじみと感じました。

吉高由里子はバンドマン好き!?

まず初めに熱愛スクープされたのは
flumpoolのベース 尼川元気。
自宅で一夜を過ごしたとの報道でした。
所属事務所が同じ二人なのですが
所属事務所からの返答は
「朝までゲームをしていただけ」とのこと。
尼川元気もファンに向けてそう説明しました。

次に報道されたのは映画「僕等がいた」で
共演した生田斗真。
渋谷のセンター街で僕等がいたのキャスト勢と
朝まで遊び明かした写真が雑誌に掲載された。
手を繋ぐ写真も存在したのだが
ここで気になるのが 先に述べた尼川元気の存在。
実はこのキャスト勢に混ざり 尼川元気が
写っていたのだ。
その雑誌にはバンド風イケメンと記載され
目にはモザイクが施されていた。
おそらく前に報道された尼川元気が
写っていると生田斗真との熱愛という
記事のインパクトが弱くなると
出版社は考えたのだろう。
生田斗真とはこれ以来何もないし
逆に尼川元気との噂の方が強まった。

その後しばらくして
尼川元気との破局がささやかながら
キャッチされ、その代わりに報道されたのが
RAD WIMPSのボーカル野田洋次郎。
バンドマンが好きなのかとファンの間では
話題になったほど。
最近は野田洋次郎も映画出演していたりと
話題の人物だ。
一方の吉高由里子は休暇をとったりと
マイペースのよう。
最近では舞台復帰もするようで
今後の展開が楽しみだ。

すべての美男美女に告ぐ!やっぱりあなた達は幸せになるべきだ

皆可愛くなりたい、美しくなりたい。イケメンに生まれたかった、高身長がよかった、、、なんてよく聞くハナシ。ではすべてのイケメン、美女なんかが必ずしも結婚なんかで幸せを手にいれているか?と言ったら、あなたはわかってるはずだ。
美しく生まれようと必ずしも幸せにならないって。

皆が容姿に恵まれている人を妬むのはやっぱり「自分より幸せ」に見える。自分の欲しいものは手に入る人だと勝手に思われる。若ければ、細ければ、美しければ、私はもっと幸せになれるのに。なーんて人が多いから昔は敬遠されていた整形がバンバン出て来たのだろう。
昔に比べ、日本の美人人口は格段に上がり、おそらく50%が美人と言われる時代。そして今日は上位10%の本物の美人へ告ぐ。

ぶっちゃけ本物の美人とイケメンなんて生きにくい。
私の知り合いのモデルは超イケメン。誰もが振り向くスタイルに豊かな黒髪。なんちゃって雰囲気イケメン、流行りのイケメンなんかじゃない。
だが彼はどこに行っても仕事はうまくいかない。オーディションには落ち続けるし、仕事は落とされる。なんでって度を超えたイケメンなんて男に足引っ張られるだけ。
有名な映画のダイハードやロッキー、男はつらいよ、に出てくる主人公はイケメンでもなんでもない。いい男の出世を男は許さない。
じゃぁ、お金持ちでイケメンだったら?
これも私の知り合いだが、頭も良く、性格も良く、スポーツもできるそのイケメンは恋人ができても、その恋人が苛められ、勝手に自分を好きな女の子が自殺未遂を2回。
イケメンに生まれなければそんな苦しみはなかったのに。

続いてすんごい美女のお話。彼女は整形なんて流行る前からパッチリ二重に色白の肌。歩けば男は振り返り、妹と二人でその人の真似をし、いつも美人のお姉さんと呼んでいた。あの人の真似をしたくて、あの人の持ってるものをなんでも真似をする。

いい男性と結婚したあと、会社が破産。借金だらけのところ子供を出産。幸せになるはずが、彼女の容姿は急に衰え始める。年齢じゃない。明らかに生活の疲れ。しかしその時彼女は29歳。
周りの人は「昔は美人だったのに」と言う。
美人じゃなければ彼女もそこまで言われなかった。

どこかで美人に生まれても苦労は絶えないのはわかっている。それでもやっぱり美人は羨ましい。

だけれども、私は言いたい。やっぱり人に嫉妬されても、嫌がらせを受けても、すべての美人に告ぐ!
あなた達は幸せになるべきだ。

なにも美人が故に苦しむ事もあるのだから嫉妬するな、とは言わない。美人に生まれたけれど嫉妬買いたくないから地味にしてろ、とは言わない。

美人の最大の悲劇は結局美貌を持っていても幸せになれないこと。実はこれ、本人より周りが悲しい。

どうして美人なのに、幸せになれないの?
嫉妬しながら周りは思ってる。美人の不幸を望んでいるわけではないけれど、嫉妬しまう人間達は思ってる。

せめて、美人であれば幸せであって欲しいと。どこか憧れでいて欲しいと、歳を重ねて「ただのおばさん」になってしまった人を見た時のがっかり感は、消失な気持ちにすらなる。

美人達よ、やっぱりあなた達は幸せになるべき。だって嫉妬もイジメも、やっぱり憧れから来ている。どうしたって敵いやしないし、自分がそんなコンプレックスあるのも認めたくない人が多い中、羨ましがられながらも「やっぱり美人はいいわ」と思わせよう。

なぜって、美人の宿命はやっぱりそれ。美人が幸せになって妬まれるより、不幸になる方がずっと周りも不幸。
難しいかも知れないが、やっぱり幸せになる為に生きている。

そして出来ることなら、やっぱり憧れであり続けよう。
あぁなりたいわ、と思わせようじゃないか。

じゃなきゃ、せっかくもらったその美貌、神様の骨折り損である。

ちなみに、男性の方がいい男に対する嫉妬は女の比にならないぐらい強い。その分、憧れである女性にモテモテは困らないけれどね